TOP > 鍼灸師の転職情報 > 病院は鍼灸師の転職先として人気!業務内容と求人の探すポイントも紹介!

病院は鍼灸師の転職先として人気!業務内容と求人の探すポイントも紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
OKマークをしている施術着を着た女性

鍼灸師は国家資格があるので病院でも働くことが可能なので転職先としても人気です。

今回は病院における鍼灸師の仕事と、転職の際に自分に合った求人を効率よく見つけるためにはどういったことをすればいいのかということを解説していきます。

整形外科のリハビリが主な仕事!

鍼灸師の病院でも業務は主に整形外科でのリハビリテーション業務です。

手術後のリハビリを医師の同意のもとリハビリテーションを行います。

治療院や鍼灸院などよりも医療に関する幅広い治療を行えるほか、リウマチなどの神経系の疾患などの症状なども経験することができるので、学べることは非常に多いです。

また、病院ですので幅広い年代の患者と関わることができるのは、将来的に鍼灸師として独立開業する際に必ず役に立ちます。

整骨院や治療院とは異なり、顧客を獲得するという意識はそこまで持たなくてもいいので、精神的プレッシャーはそこまで大きくありません。

専門学校を卒業したばかりの人や、治療院などで働いていたけどもっといろんな経験をしたいという人の転職先におすすめです。

鍼灸が行える病院もある

病院によってはリハビリテーションの一環で鍼灸を行うところもあります。

柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師なども整形外科で働くことができますが、どうしても理学療法士などと行う業務が被ってしまうことが多く、できることが限られてしまいがちです。

しかし鍼灸を行えるのは鍼灸師のみですので、理学療法士の仕事とは差別化ができ、あくまで鍼灸師として働くことが可能です。

整形外科や鍼灸を学ぶことができる貴重な場所ですので、経験を積んでから治療院に転職したり、独立開業したりする人が多いです。

福利厚生も充実している

基本的に病院は整骨院や治療院などと比べて福利厚生や各種手当がきちんと整備されているところが多いです。

月収は20万円から40万円ほどと給料に関して言えばそこまで変わりはありません。

ただ、給料は個人の経験やスキルなどで変化していくので、スキルがあればあるほど貰える給料も増えます。

きちんと休みも取ることができるのでワークライフバランスの取れた生活を送ることができます。

また、拘束時間も長くないので、家事や育児などをしながら働かなければならないという鍼灸師の転職先として人気です。

2017.07.24
整体師の転職の際に大切なのは転職サイトを賢く活用することです。今回は整体師の転職におすすめの転職サイトと、おすすめの活用方法を解説していきます。

鍼灸師向けの病院求人を見つけるには?

鍼灸師向けの病院求人を見つけるためにはどういったことをすればいいのでしょうか。

気をつけるポイントも含めて解説していきます。

転職サイトに登録しよう

鍼灸師が転職で病院求人を探す時はまず転職サイトに登録することから始めましょう。

転職サイトは簡単に登録することができ、無料でサービスを受けることができるので非常に便利です。

鍼灸師など治療家に特化したサイトがいくつもあるので、そういったサイトに登録すれば鍼灸師向けの求人を簡単に見つけることができます。

サイトによってそれぞれ特徴が異なり、それぞれに強みがあります。

特徴や強みを曖昧でもいいので把握しておくと効率よく自分に合った職場を見つけることができます。

エージェントの力を借りれば確実

転職の際になにか不安なこと、困ったことがあるのでしたらエージェントを頼りましょう。

エージェントとは鍼灸師などの転職のプロフェッショナルで、履歴書の書き方や面接時のポイントなど幅広い転職サポートをしてくれます。

また、サイトによってはエージェントが福利厚生の交渉や面接日程の調整などもしてくれるので、転職が始めての人や時間を確保できない人におすすめです。

もちろんエージェントサービスがあるかどうか、どういったサポートをしてくれるのかはサイトによって異なるので、エージェントを利用したい人はサポートが充実しているサイトをきちんと見つけましょう。

鍼灸ができるのかということをきちんと確認しよう

鍼灸師向けの病院求人を探す際は、鍼灸を治療として施術できるかどうかをきちんと確認するようにしましょう。

整形外科によっては鍼灸師にリハビリテーションのみをやらせ、鍼灸をさせてもらえない場合があります。

その病院が鍼灸をどういったものとしてみなしているのか、どれほど重きを置いているのかを事前にきちんと確認するようにしましょう。

せっかく整形外科で働くのでしたら、鍼灸を実践することができ、経験を積むことができる場所で働きましょう。

将来的に独立開業してもしなくても、経験やスキルは今後必ず役に立ちます。

鍼灸ができる病院に転職しよう

病院での鍼灸師の仕事は、整形外科でのリハビリテーション業務や鍼や灸などの施術です。

さまざまな疾患を経験することができ、しかも福利厚生が充実しているので経験を積む場としては最適です。

病院の求人は主に転職サイトで探すことができるので、転職の際はサイトに登録することから始めましょう。

その際、鍼灸師として鍼灸を行えるのかということを事前に確認することが重要です。

関連する他の記事

鍼灸師の転職求人にはどんなものがある?
鍼灸師の求人は専門の転職サイトで簡単に見つけることができます。今回は鍼灸師の転職求人にはどんなもの…
鍼灸師はアルバイトでも働ける?求人の見つけ方も紹介!
鍼灸師はアルバイトやパートでも働くことができます。今回は鍼灸師のアルバイト動向と求人の効率的な見つ…
転職エージェントサイトは柔道整復師の転職におすすめ!
柔道整復師の転職のときは充実したサポートを受けることができる転職エージェントサイトがおすすめ!あな…
柔道整復師の専門学校おすすめランキング!学費はどれくらいかかる?
柔道整復師の専門学校について、通う意味、学べること、カリキュラム、実際に通う時に問題となる学費まで…
ページ上部に戻る