TOP > 鍼灸師の転職情報 > 鍼灸師の転職で重要な職務履歴書とは?しっかり自分をアピールしよう!

鍼灸師の転職で重要な職務履歴書とは?しっかり自分をアピールしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ペンと履歴書

職務履歴書はあなたのことをアピールする重要な資料です。

鍼灸師の転職でも、あなたがどんなスキルや経験を重ねてきたのかを採用担当者に伝えるチャンスと捉えたほうがいいでしょう。

今回は職務履歴書と鍼灸師の転職事情について解説していきます。

転職の際に必要となる職務履歴書とは

鍼灸師の転職の際に必要となるのが職務履歴書です。

職務履歴書というのは、これまでの職歴についてしっかりと説明されているものです。

履歴書では職歴について表面的にしか書きませんが、職務経歴書ではその職歴に記載されている職についてどのように関わっていったのかということを具体的に説明する必要があります。

また職務経歴書は自己PRの記入は必須ですが、学歴を記入する必要がありません。

転職において職務履歴書というのは、あなたが今まで鍼灸師としてどのような仕事を行ってきて、その職務経験から転職後どのように企業で活躍していくことが出来るのかを示す書類であると言えます。

職務履歴書には編年体式、逆編年体式、キャリア式という書き方があり、その書き方というのは個々人の職務経験によって変化することで、職務履歴書のなかで効果的かつ有効的な自己PRをすることができます。

職務履歴書の書き方についてよく確認しておく必要があるでしょう。

職務履歴書のわかりやすい書き方は?

書き方が分かってもどのような内容を記載することが簡潔な職務履歴書と言えるのでしょうか。

ただ詳しく自分が関わった職についての説明を羅列するだけでいいのでしょうか。

先ほども話したとおり務履歴書は職務のなかでの実績を採用担当者にアピールするチャンスです。

なのでただ経歴を羅列するだけでなく、あなたの鍼灸師としての経歴を的確にアピールするためにはどうればいいのかということを考える必要があります。

その際に有効なのが「5W1H」を意識した文章です。

「5W1H」を意識することで、あなたのいままでの経験を効率よく採用担当者に伝えることができるでしょう。

企業ごとに書き分けよう

転職を行う場合は色々な企業へ応募を出すわけですが、企業ごとに職務履歴書を書き分ける必要があるのでしょうか。

企業ごとというよりも、転職を希望する職務や業務ごとに書き分けていく必要があると言えるでしょう。

なぜなら転職というのは就活と違い「即戦力」となることが第一に求められています。

特に鍼灸師などの専門職の転職の際は「即戦力」であることが強く求められる場合があります。

そのため「即戦力」となり得る可能性があることを職務履歴書で示すために、職務や業務ごとにその可能性というのを説明していくことが転職に有利に働きます。

鍼灸師だからといってスキルがあればいいというわけではなく、社会人として職務履歴書の完璧さが求められています。

転職を心から希望する企業であったとしても、誤字や脱字があると企業側の立場としては印象が下がります。

このようなポイントを押さえて職務履歴書を書くことで、専門性の問われる鍼灸師の転職の可能性が開かれていくでしょう。

2017.06.27
鍼灸師の転職では面接と個人の技術力ばかり見られがちですが、履歴書は果たして重要なのでしょうか?今回は鍼灸師の履歴書で採用担当者が見ていることと、気をつけるべき3つのポイントを解説していきます。

鍼灸師の転職事情は?

鍼灸師の転職求人は、他の治療家の求人数に比べて少ない傾向があります。

そのため探し方を間違えると希望の転職先を見つけるのも難しくなってしまうでしょう。

しかし、自分の状況や経験に適した転職方法や準備を行うことで、その転職という狭き門を突破していくことが可能となります。

ダブルライセンスは転職に有利?

鍼灸師の転職の際に選択肢を格段に広げる方法は、鍼灸師と相性のいいあん摩マッサージ指圧師の資格を取得することです。

すでに業務でマッサージを行っている方も多いと思いますが、正式にあん摩マッサージ指圧師の資格を持っておくだけで選択肢がグンと広がります。

資格を取得するためにはお金と時間が必要になってきますが、実際に両方の資格を取得した人の満足度は高いです。

鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師の数も増加しており、競争が高まる中で、他の鍼灸師と差別化することがとても重要です。

情報をきちんと集めよう

転職で重要になってくるのは自分に必要な情報をどれだけ集められるかということです。

情報を集める方法はたくさんありますが、中でもおすすめなのが治療家に特化した求人サイトです。

専門性の高い情報が豊富にあり、自分の知りたい情報を集めることができます。


おすすめの転職サイトはグッピー

鍼灸師の転職でオススメしたいのが医療、介護、福祉系の転職求人を専門的に扱っているグッピーです。

まずグッピーという転職サイトについて説明していきます。

各種専門職の求人を多数掲載

グッピーは2000年に開設された転職サイトで先ほども述べたように医療、介護、福祉の転職求人について専門的に扱っています。

具体的には、医者、看護士、薬剤師、歯科医と言った約30の資格を必要とする職についての転職求人情報を扱っています。

2017年8月現在、およそ900件ほどの鍼灸師求人がグッピーにはあります。

転職を希望する人がグッピーで会員登録を行うと、企業側からの問い合わせ、採用担当者からのスカウト、キャリアプランナーとの転職相談を行うことが可能となります。

サポート体制が充実しているため転職活動に不安を感じている人でも安心です。

正社員やアルバイトなど募集はさまざま

転職を行うというのは一概に職場への不満や給料アップを目的として行う人が全てではありません。

例えば出産や病気を機に働き方を変える人もいますよね。

グッピーは正社員や常勤の転職先だけではなく、アルバイトやパートなどの非正規社員の募集も積極的に掲載しています。

グッピーは転職だけに特化しているわけではありません。

養成学校に通っていて、治療院や整骨院を探している学生の方や、学校から紹介された求人にいまいちピンと来なかった新卒の方などにも利用されており、初心者を歓迎している治療院もたくさんあります。

グッピーは実際のところ就職にも転職にも使える求人サイトと言えるでしょう。

日本全国の仕事を探せる

グッピーが扱う転職先の情報というのは東京や大阪と言った大都市だけではなく、日本全国の転職情報を扱っています。

グッピーの信頼度は非常に高く、グッピーへ転職の募集を依頼したことのある医療関係施設ないし企業というのは約2万法人にも及びます。

グッピーのような専門性の高い転職サイトを利用するで、鍼灸師の転職の選択肢をより幅広くすることができるでしょう。

職務履歴書を的確に書くことが転職成功への近道

鍼灸師の転職を成功させるために忘れてはならないのが職務履歴書です。

うまく活用して書くことであなたのことを的確にアピールすることができます。

また、転職の際は治療家に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。

各種求人情報を集めるだけでなく、各種サポートによってあなたの転職を支えてくれますよ。

関連する他の記事

鍼灸師の転職で重要な職務履歴書とは?しっかり自分をアピールしよう!
鍼灸師という職における転職と転職の際に書くことが求められている職務履歴書についての説明を行っていき…
鍼灸師ってどんな仕事?資格を取得するための大学とは?
鍼灸師は鍼や灸を用いて身体の不調を治す仕事です。なるためには国家資格を取得しなければならず、そのた…
働きながら学べる鍼灸師の夜間専門学校とは?学費やメリットを解説
鍼灸師になるための専門学校には夜間に授業を開設しているところもあります。今回は鍼灸師の夜間専門学校…
鍼灸師の開業事情は?大切なのは経営者の目線!
鍼灸師は開業ができて自分の鍼灸院を持つことができます。ただ現状ではただ独立しただけでは廃業してしま…
ページ上部に戻る