TOP > あん摩マッサージ指圧師の転職情報 > あん摩マッサージ指圧師履歴書書き方マニュアル

あん摩マッサージ指圧師履歴書書き方マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加
書類をまとめる

あん摩マッサージ指圧師の転職は、面接や本人の技術力を重視していますが、履歴書も採用担当者にどういった印象を与えるかという意味でも重要なものです。

規定の書き方で、正確に書かなければ採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

今回はあん摩マッサージ指圧師の方の履歴書を書く時の注意点と書き方で気をつけるべきことを解説していきます。

あん摩マッサージ指圧師の転職でも履歴書は重要

転職において、転職者の第一印象は履歴書によって決まるといっても過言ではありません。

あん摩マッサージ指圧師の転職は面接が重視されているといっても、そもそも書類選考で落とされてしまっては元も子もありません。

よい第一印象をもってもらうためにもわかりやすい書き方で丁寧に書くことを心がけましょう。

採用担当者にいい第一印象をもってもらうためにはどうすればいいか?

採用担当者にいい第一印象を持ってもらうためには、丁寧に書くということが大切です。

あん摩マッサージ指圧師の求人によっては手書きかパソコンを選べますが、できれば手書きを選ぶようにしましょう。

手書きのほうがその人がどんな人かということが伝わりやすく採用担当者の印象にも残ります。

あん摩マッサージ指圧師の転職の場合は特に人柄が見られています。

丁寧に書くことと綺麗に書くことは似ていて少し異なります。

字が汚いと不安な方でも、どのような書き方をすれば採用担当者が見やすいのかということに意識を向けてみましょう。

資格と職歴は正確に書こう

履歴書において資格と職歴は採用担当者のことをアピールする重要なポイントです。あん摩マッサージ指圧師にとっては特に重要です。

書き方においても決まりがあり、それを守らなければ社会人としての常識が欠けている人という印象を採用担当者に与えてしまいます。

西暦か年号は統一すること、略称は使わず必ず正式名称を記入することなど、気を付けなければならないことはいくつもあります。

また、資格が多すぎる場合はあん摩マッサージ指圧師についてアピールしたい資格だけに絞って強調することも効果的です。

志望動機は明確にしよう

履歴書の内容は面接で深く聞かれることになります。

特に志望動機については必ず聞かれるといっていいでしょう。

なぜあん摩マッサージ指圧師になったのか、今後あん摩マッサージ指圧師としてどうなりたいのかなど、自分のキャリアプランを書くのがベストです。

志望動機の書き方はまず結論から書き、その後に理由を書くことをオススメです。

この書き方のほうがわかりやすく、説得力が増します。

いいことを書こうとするのではなく、自分の経験に関したことを書くようにしましょう。

2017.06.27
あん摩マッサージ指圧師の転職において面接はとても重要です。

この機会にあなたがどんな人なのか、どんな技術を持っているのかをアピールできるようにしましょう。今回はあん摩マッサージ指圧師の面接の攻略方法を解説していきます。

あん摩マッサージ指圧師の履歴書で気をつけるべきこと

あん摩マッサージ指圧師の履歴書を書いている時に、気が付かずにやると採用担当者に悪い印象を与えてしまうことがあります。

今回はその中でも特に重要なことを3つ紹介します。間違っても修正液は使わない

履歴書において修正液は絶対に使ってはいけません。

もし間違えてしまった場合は、残念ながらもう1度初めから書き直しましょう。

初めから書き直したくない方は最初に薄い鉛筆などで下書きをし、ボールペンで清書する書き方がオススメです。

ただ、鉛筆で書いた跡が残っていると非常に汚い印象になるので注意が必要です。

もし時間がなくて書き直すことが難しい場合は、間違えた箇所に二重線を引いて修正し、印鑑を押すという書き方をやりましょう。

これが正式的な修正の方法です。

ただ、場合によっては失礼にもあたるので、本当に最終手段まで書き方はしないようにしてください。

記入する欄は空白にしないこと

履歴書にある趣味・特技の欄は何を書けばいいのかわからず悩むことが多いですよね。

しかし、書くことがないからといって空白にしたり、特になしと書いたりしてはいけません。

あん摩マッサージ指圧師に関しての業務に関わることでなくてもいいので、面接で話を広げられるようなことを書くようにしましょう。

空白にするのが1番採用担当者に悪い印象を与えます。本人希望欄の記入はよく考えてから

履歴書の最後に本人の希望を書く欄がありますが、この欄に希望を記入するときは十分気を付けてください。

どうしても譲れないことがあるときのみ記入するようにしましょう。

基本的に本人希望欄に希望を記入するだけ、相手に悪い印象を与えてしまうと思ってください。

細かな希望があるときは、履歴書に書くのではなく面接の時に相談するようにしましょう。

また、特に希望がないときの書き方は「貴社の規定に従います」と書けば大丈夫です。

あん摩マッサージ指圧師の応募書類の書き方を完璧にしよう

あん摩マッサージ指圧師の転職は、面接や技術を重視する傾向があります。

しかし、履歴書は採用担当者にとってあなたの第一印象を決める重要なものです。

よい印象をもってもらうためには丁寧に書くということを心がけましょう。

また、決められた書き方をきちんと守って書くこともとても大切なので間違えないようにしましょう。

履歴書を書く時は今回説明したことを守って作成しましょう。

関連する他の記事

機能訓練指導員ってどんなお仕事?給料など細かい部分まで解説
介護関係で耳にする機能訓練指導員についてまとめた記事です。柔道整復師の資格さえあれば、誰でもなるこ…
未経験でも大丈夫?マッサージ業界への転職事情を解説
最近脱サラしてマッサージ業界に転職する人が増えてきました。マッサージ業界が未経験でも働けるのか気に…
整体師とマッサージ師の違いってなに?
みなさんは、整体師とマッサージ師の違いをご存知ですか?今回は整体師とマッサージ師の違いを三点の視点…
あん摩マッサージ指圧師になるためには国家資格が必要!取得するためにはどうすればいい?
あん摩マッサージ指圧師になるためにすることは、あん摩マッサージ指圧師の国家テストに合格することが必…
ページ上部に戻る