TOP > あん摩マッサージ指圧師の転職情報 > アスレティックトレーナーはどんな仕事?あん摩マッサージ指圧師からなるには?

アスレティックトレーナーはどんな仕事?あん摩マッサージ指圧師からなるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性をカウンセリングしているスポーツトレーナの女性

あん摩マッサージ指圧師は国家資格を活かしてスポーツ業界でも働くことが可能です。

特にスポーツトレーナーの一種であるアスレティックトレーナー(AT)は将来スポーツに係る仕事をしたいと考えている人に非常に人気です。

今回はアスレティックトレーナーとはどういった仕事なのかと、あん摩マッサージ指圧師から転職するためにはどうすればいいのかを解説していきます。

あん摩マッサージ指圧師はスポーツ業界でも活躍中

あん摩マッサージ指圧師は国家資格を活かした幅広い転職が可能です。

以前は治療院や整骨院、病院などが主な転職先でしたが、美容やスポーツ、リラクゼーション関係に転職するあん摩マッサージ指圧師が増えています。

特にあん摩マッサージ指圧師の資格を取得してアスリートをサポートする立場として働きたいと考えている人は多いです。

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナー(AT)とはスポーツトレーナーの一種です。

スポーツトレーナーはアスリートのコンディションについて幅広いサポートをしますが、その中でもATはメディカル面のサポートをします。

スポーツトレーナーになるためには特別な免許が必ず必要というわけではなく、知識と技術さえあればスポーツトレーナーとして働くことができます。

しかし、ATとして働きたいと考えているのでしたらAT資格を取得する必要があります。

実際スポーツトレーナーなどの仕事をしている人の多くは柔道整復師などの治療系の資格や、理学療法士などの医療系の資格を持っている人は多いです。

それに加えて民間資格を取得してスポーツに関する専門知識を身につけるというのが一般的です。

ATとして活躍できる場面は?

アスレティックトレーナーが活躍できる仕事は非常に多いです。

まず代表的なのがプロのアスリートや実業団と契約して専属のトレーナーになることです。

この仕事は非常に人気ですが、そもそもの枠が少ないので競争も激しいです。

中には自分の治療院などを経営しながら大会の時だけアスリートに同伴するなんていう人もいます。

また、スポーツ治療に特化した整骨院や病院などの医療施設、スポーツジムなどの施設で働く人も多いです。

トレーナーの派遣会社などもあるので、登録しておき、必要になったらアスレティックトレーナーとして働くということも可能です。

最近になり、より幅広い人がスポーツを楽しむようになったので今後もアスレティックトレーナーの活躍できる場所も増えていくでしょう。

2017.07.24
あん摩マッサージ指圧師は女性が活躍できる仕事として人気です。今回は女性があん摩マッサージ指圧師として働くのがおすすめの理由と、どういったところで活躍できるのかを解説していきます。

アスレティックトレーナーになるためにはどうすればいい?

あん摩マッサージ指圧師からアスレティックトレーナーとして活躍したいのでしたらまずはスポーツに関する知識を身につける必要があります。

マッサージの知識に加えて怪我の応急処置など、スポーツトレーナーとして働くための幅広い知識を身につけなければなりません。

もともとスポーツ関係の仕事をしたいと思っていた人でなければ、あん摩マッサージ指圧師の資格を取得して治療院で仕事していた人でも、スポーツ関係の知識は乏しいことが多いです。

ATとして働くことを考えているのでしたら、あん摩マッサージ指圧師の知識や技術に加えてスポーツに関する知識も深めていくようにしましょう。

鍼灸師の資格を持っておくと便利

アスレティックトレーナーとして働くのでしたらあん摩マッサージ指圧師資格に加えて鍼灸師の資格を持っておくと非常に便利です。

鍼灸師は身体の不調を改善するのに高い効果があると認められています。

現状では鍼灸を取り入れているスポーツ施設は少ないですが、プロアスリートを中心に鍼灸を取り入れるところが増えてきています。

そういった状況で、あん摩マッサージ指圧師と鍼灸師2つの資格を持っていたほうが、アスレティックトレーナーとして重宝されます。

鍼灸師の資格を専門学校で一緒に取得しなかった人は、夜間学校に通うなどして鍼灸師の資格を取得しておきましょう。

あん摩マッサージ指圧師におすすめの民間資格

あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師などの資格を持っているのでしたら、ジャパンアスレチックトレーナーズ協会が認定するJATAC-ATCを取得することをおすすめします。

JATAC-ATCは柔道整復師や理学療法士などの治療、医療系の国家資格を取得した人でなければ取得できない資格です。

また、もしくはアメリカの国家資格であるNATA-BOC公認ATCの取得もおすすめです。

アスレティックトレーナーに転職するあん摩マッサージ指圧師は多い

アスレティックトレーナーはスポーツトレーナーの中でもスポーツをする人のメディカル面をサポートする重要な仕事です。

ATとして働けるところは非常に多く、今後も拡大していく見込みです。

あん摩マッサージ指圧師からアスレティックトレーナーへ転職するためには資格を取得する必要があります。

まずはあん摩マッサージ指圧師としての知識に加えて、資格試験の勉強やスポーツ全般について勉強しましょう。

関連する他の記事

柔道整復師の転職で採用担当者に会いたいと思わせる履歴書の書き方のポイントと注意点
柔道整復師の転職で必ず書くことになる履歴書は、採用担当者にいい印象を与える重要なものです。今回は採…
柔道整復師の転職を成功させる人はどんな人?特徴とポイント3つを解説!
柔道整復師の転職を成功させる人はどんな人でしょうか。理想の職場に出会い、満足のいく転職をするにはど…
あん摩マッサージ指圧師の面接攻略!
あん摩マッサージ指圧師の転職において面接はとても重要です。

この機会にあなたがどんな人なのか…

整体師とマッサージ師の違いってなに?
みなさんは、整体師とマッサージ師の違いをご存知ですか?今回は整体師とマッサージ師の違いを三点の視点…
ページ上部に戻る