TOP > 鍼灸師の転職情報 > 2017年版鍼灸師の転職動向!幅広い選択肢ができる

2017年版鍼灸師の転職動向!幅広い選択肢ができる

このエントリーをはてなブックマークに追加
施術着を来た女性

転職をする際にまず確認しなければならないのが、転職市場がどうなっているのかということです。

市場の動向を理解することで、幅広い視野で物事を見ることができます。

今回は2017年版鍼灸師の転職市場を解説していきます。

鍼灸師が転職する主な理由は3つ

鍼灸師の方が転職する理由は大きく分けて3つあります。

職場の人間関係に馴染めなかった

鍼灸師が転職する主な理由の1つ目は職場の人間関係に馴染めなかったというものです。

鍼灸院やエステサロンは小規模の店舗が多く、人間関係も小規模であることが多いです。

そのため人間関係でトラブルがあった場合に受ける影響も大きく、気が合わない人とも親密に関わらなければなりません。

仕事において人間関係は非常に重要なものですので、人間関係で馴染めないと思った人が転職することが多いです。

給料が低くて休みが少ない

鍼灸師が転職する主な理由の2つ目は待遇面の不満です。

鍼灸院や鍼灸整骨院の中には、労働時間に見合った給料を貰えないというところもあります。

そういった職場から抜けて、もっとよい環境で働きたいと考えることは当然でしょう。

最近の求人には休みがきちんと取れることをアピールするところも出てきており、自分に合った働き方ができる求人が人気の傾向です。

鍼灸院で働きたい

鍼灸師が転職する主な理由の3つ目は鍼灸院で働きたいというものです。

鍼灸院は新卒から就職することが比較的難しく、その他の治療院で実務経験を重ねてから鍼灸院に転職するという人が多いです。

せっかくはり師、きゅう師の資格を取得したのだからもっと専門的に技術を極めたいと考える人は多いです。

2017.06.27
鍼灸師の求人は専門の転職サイトで簡単に見つけることができます。今回は鍼灸師の転職求人にはどんなものがあるのか、求人を見つけるためにはどんなポイントに気を付けたほうがいいのかを解説していきます。

鍼灸師の主な転職先は鍼灸院や鍼灸整骨院

鍼灸師の転職先で最も多いのが、資格と技術を活かせる鍼灸院や治療院などです。

鍼灸院や治療院などで働くことで、より専門的な技術を身につけて鍼灸師としてのスキルアップを目指している人が多いです。

病院関係への転職者は少ない

鍼灸院や治療院などと比べると病院関係へ転職をする人は少ない傾向があります。

病院ではリハビリ関係の仕事しかできず、なかなか鍼灸師としての技術を活用する機会がないのが原因です。

やはり、せっかく資格を取得したのだからはり・きゅうについての技術を磨きたいと考える方が多いです。

ただ、給料面では鍼灸院よりもよいので、安定した収入を得たいと考えている人には病院関係が人気です。

エステサロンなどの美容関係に進む人も

鍼灸師の中にはエステサロンなどの美容関係などで働く人もいます。

最近になってリラクゼーション系のお店が流行しているのでそうした需要は高まっています。

求人を募集しているリラクゼーションのお店からしても、鍼灸師は技術や知識を持っているという安心感があるため積極的に採用をしてくれます。

また、美容系の専門分野に専門性を深めることができるのでキャリアプランにも役に立ちます。

今後もリラクゼーション業界は発展が見込まれるので、将来性もあります。

スポーツトレーナーになる人も

鍼灸師の転職で以前から人気なのがスポーツトレーナーです。

最近はフィットネス施設なども増えてきており、求人の幅も広がりつつあります。

スポーツ関係への専門知識も身につけることができるので、将来的に事業団のスポーツチームの専属トレーナーになりたいという方が多いです。

鍼灸師の需要は上がりつつある

近年になり鍼灸師を目指す人が増えてきています。

それに加えて、鍼灸を扱う施術所の数も上昇してきています。

これまでの求人が少ないと言われていたのですが求人も増加傾向にあります。

他の資格を取得して幅広く働く人も多い

鍼灸師の中には、はり・きゅう以外の資格を取得して技術の幅を広げる人が多いです。

例えば、鍼灸整骨院は柔道整復師資格の資格を持っていることを採用の基準にしているところもあるので、他の資格を取得することで職の選択肢を広げることができます。

他にもあん摩マッサージ指圧師資格を取得し、整体院やセラピストとして働いている人もいます。

別の資格を取得することで、今後の選択肢を広げることができ、キャリアプランを構築しやすくなります。

介護業界に転職する人が増加中

最近になり鍼灸師が介護業界で働き始めるケースが増えています。

介護業界はこれからますます必要になってくる業界ですが、人手が足りていないのが現状です。

鍼灸師のような国家資格を持った人は、介護業界で非常に有利に転職を進めることができます。

介護施設への訪問施術など、業種はさまざまです。

鍼灸師は技術を活かせる転職が主流

鍼灸師の転職は、資格や技術を活かしたものが多いです。

鍼灸院や鍼灸整骨院、スポーツトレーナーなど選択肢が豊富にあります。

また美容関係など、専門性を深めればキャリアアップが可能なものもあり、選択次第で将来性が格段に広がります。

関連する他の記事

大阪の鍼灸師求人傾向とおすすめの転職サイトを紹介!
大阪で鍼灸師の求人を探すのでしたら鍼灸師や柔道整復師など治療家に特化した転職サイトがおすすめです。…
鍼灸師になるための養成学校の平均的な学費はいくら?
鍼灸師になるためにかかる費用をまとめました。養成学校にかかる学費や、その他もろもろかかる費用、受験…
柔道整復師と鍼灸師の違いってなに?詳しく解説!
柔道整復師と鍼灸師は同じ国家資格の仕事ですが、仕事内容は全く異なります。今回は柔道整復師と鍼灸師の…
柔道整復師の転職を成功させる人はどんな人?特徴とポイント3つを解説!
柔道整復師の転職を成功させる人はどんな人でしょうか。理想の職場に出会い、満足のいく転職をするにはど…
ページ上部に戻る