TOP > 柔道整復師の転職情報 > 柔道整復師の転職先として人気な機能訓練指導員とは?

柔道整復師の転職先として人気な機能訓練指導員とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
診断をしている施術着を着た女性

柔道整復師は国家資格を持っているので幅広い分野への転職が可能です。

転職先として最近人気なのが機能訓練指導員です。

今回は機能訓練指導員とはどういった仕事をするのかということと、柔道整復師からの転職状況を整骨院と比較しながら解説していきます。

機能訓練指導員ってなに?

機能訓練指導員は主に要介護者のサポートをする仕事です。

まずはどういった仕事内容なのか解説していきます。

介護が必要な人の生活をサポートする仕事

機能訓練指導員は主に介護施設などにおいて体の機能の改善と維持をサポートする仕事です。

柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師などの治療家だけでなく、理学療法士や介護士などの医療系などの国家資格を持った人たちがなることができる仕事です。

病気や怪我などでできなくなってしまった活動のサポートをし、要介護者が自身の力で生活ができるように利用者1人1人にサポートします。

寝返り訓練や歩行訓練など、さまざまな訓練を通じて人が生活する力を回復させ、近頃問題となっている寝たきり老人を減少させるのが目的です。

柔道整復師の役目は?

機能訓練指導員の中でも所持している国家資格によって少々役割が異なってきます。

柔道整復師の機能訓練指導員としての役目は他の国家資格所有者とは異なり、骨や関節など高齢になるとどうしても支障が出てきてしまう機能の改善をサポートします。

マッサージなども行いますが、主な業務としては要介護者の関節などに関する機能訓練です。

他にもあん摩マッサージ指圧師もなることができますが、あん摩マッサージ指圧師は主に体の疲れや不調を、マッサージを通じて回復させることを仕事としています。

リハビリとの違いとは?

機能訓練と整形外科などで行われるリハビリテーションとの大きな違いは最終的な目的です。

リハビリテーションは体の不調に対して通常の状態まで回復させることを目的としていますが、機能訓練は体の不調を回復させて、その後の生活までをサポートすることを目的としています。

例え機能が回復していたとしてもそこで終わりではなく、その後どのようにして利用者が生活するかということまでをサポートしなければなりません。

また、リハビリテーションが幅広い年代を対象としているのに対して、機能訓練は主に介護が必要な高齢者を対象としているという違いもあります。

2017.07.19
柔道整復師は国家資格を活かした転職をすることができます。特に人気の転職先が病院です。今回は柔道整復師の病院への転職事情とメリットを解説していきます。

柔道整復師の機能訓練指導員への転職事情は?

柔道整復師にとって機能訓練指導員はどのようなものでしょうか。

整骨院と比較しながら確認していきましょう。

機能訓練指導員のほうが福利厚生は充実している

基本的に機能訓練指導員は会社などに雇われているので、柔道整復師として整骨院で働くよりも保険や厚生年金などが充実しています。

給料の点では介護施設に訪問するデイサービス系だと低くなる傾向がありますが、勤務時間に関して言えばだいたい夕方17時頃には勤務が終わるので身体的な負担は少ないといえます。

休みもきちんと確保されているところが多く、基本的に週休2日であるところが多いです。

柔道整復師をやっていて、ワークライフバランスのとれた生活を送りたいと考えている人には非常におすすめです。

スキルアップにはあまり向いていない

機能訓練指導員は福利厚生の面では整骨院よりも優れているといえます。

しかし柔道整復師としての技術力の向上という面からすると整骨院の方が優れています。

もちろん、機能訓練指導員として働くことで学ぶことができることもありますが、柔道整復師の施術を行える業務といえば、マッサージや関節のトレーニングなどですし、整骨院で行えるような施術を行うことはできません。

今後柔道整復師として独立開業したいと考えている人にとっては技術の向上ができないため向いていません。

機能訓練指導員として働くのでしたら、今後介護業界で働くことを視野に入れておいたほうがいいでしょう。

介護福祉士にキャリアアップすることも可能であるなど将来性があります。

今後も需要の増加が見込まれる

昨今介護業界はますます拡大していっていますが、それに比例して機能訓練指導員の需要も増加しています。

訓練指導員は介護施設に必ず1人在籍していなければならないことになっていることも需要増加を後押ししています。

柔道整復師の数が飽和している現在、介護業界で働いていくことを選択する柔道整復師が今後も増えていくことが見込まれます。

柔道整復師からの転職に機能訓練指導員はおすすめ

今後独立開業などをするつもりのない柔道整復師は、機能訓練指導員への転職を考えてみましょう。

柔道整復師としての技術面での向上は望めませんが、指導員は整骨院で働くよりも福利厚生が充実しており、休みも安定しているのでワークライフバランスのとれた生活を送ることが可能です。

転職後は介護福祉士になるなどのキャリアアップをすることができるので将来性もあり安心です。

関連する他の記事

石川県の柔道整復師向け求人の傾向とおすすめの転職サイト3つ!
石川県で柔道整復師を募集している求人を探しているのでしたら転職サイトを活用するのがおすすめです。今…
山梨県の柔道整復師求人の傾向と転職でやるべき3つのこと!
山梨県で柔道整復師の転職をするのでしたら治療家に特化した転職サイトを活用することをおすすめします。…
大阪での柔道整復師の転職事情!整形外科やデイサービスへの求人は?
整形外科は柔道整復師の転職先として人気があるので大阪で求人を探している人も多いのではないでしょうか…
柔道整復師は開業すれば年収が上がる?独立するために必要なこととは?
柔道整復師の仕事内容や年収アップの方法、開業する際に準備するべきことや開業後の年収についてなどを徹…
ページ上部に戻る