TOP > 鍼灸師の転職情報 > 鍼灸師とは?資格や仕事内容など詳しく解説します!

鍼灸師とは?資格や仕事内容など詳しく解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼灸施術の様子

鍼灸師って聞いたことはあるけど具体的にどんな仕事をしていて、なるためにはどういうことをしないといけないのかってわからないですよね。

今回は、鍼灸師とはどんな仕事なのかや資格について、そしてどんなところで働くことができるのかを解説していきます。

鍼灸師とは?

鍼灸師は柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師などと同じく治療家と呼ばれる仕事です。

仕事内容は?

鍼灸師とは、鍼や灸などを用いて身体にあるツボを刺激して体調の改善などをする仕事です。

医療のように薬などを用いることなく、身体に本来備わっている免疫力を高めることで、現在抱えている身体の不調だけでなく、今後なる恐れのある未病対策もすることができます。

患者さんとのコミュニケーションや触診などで身体の調子を診断してから施術を行います。

この鍼と灸を用いた施術ができるのは鍼灸師のみとなっており、非常に専門性の高い仕事です。

2つの国家資格が必要

鍼灸師になるためには鍼師と灸師2つの国家資格を持っている必要があります。

別々の資格ではありますが、一般的には両方同時に取得することが多いです。

資格を取得するためには、文部科学省が認定する4年制の大学か、厚生労働省が認定する専門学校で3年学ばなければなりません。

養成学校を卒業後に年に1回行われる国家試験に合格することで鍼灸師なることができます。

養成学校の中には鍼師と灸師だけでなく、同時にあん摩マッサージ指圧師資格も取得することができる学校もあります。

それ以外にも時代のニーズからスポーツや美容鍼灸について専門的に学ぶことができる学校もあります。

鍼灸師の就職状況

現在鍼灸師はスポーツ業界や美容業界で注目を集めています。

特に美容業界では鍼灸が不妊治療や美容エステなどに効果的であるということで需要が高まっています。

特に美容業界では女性施術者の必要性が高まっています。

先ほども説明したように美容鍼灸を専門的に行う専門学校があるなど女性を中心に人気となっています。

また、鍼灸師は介護業界にて機能訓練指導員として働くこともできるので、介護の現場からも必要とされています。

鍼や灸の専門知識に加えて、国家資格を活かした就職、転職が可能です。

2017.07.26
鍼灸師は比較的いろんなところで転職ができます。

今回は鍼灸師の転職先として人気な仕事と、募集の簡単な見つけ方を解説していきます。

鍼灸師はいろんなところで働ける

患者の身体の不調を鍼や灸で改善する鍼灸師は、どういったところで働くことができるのでしょうか。

一般的なところを紹介していきます。

治療院や整骨院などが一般的

鍼灸師は一般的に治療院や整骨院で働くことが多いです。

治療院などでは、鍼や灸での施術の他に、マッサージなどを行うこともあります。

鍼灸院という鍼や灸の施術を専門的に行うところもあるのですが、鍼灸院は個人経営で小規模なところが多く、新卒採用を受け入れているところは少ないです。

治療院や整骨院などである程度経験を重ねてから鍼灸院に転職を希望するのが一般的でしょう。

治療院や整骨院ではあん摩マッサージ指圧師や柔道整復師などの他の治療家と関わる機会も多いので、業界について学ぶこともいくつかあるでしょう。

病院の整形外科も人気

鍼灸師の就職先として他にも病院の整形外科も人気があります。

整形外科ではリハビリ業務を主に行い、理学療法士のサポートをすることが多いです。

病院によってリハビリの方針が異なるので、鍼や灸の施術を行える病院もあります。

整形外科は整骨院や治療院などと比べて幅広い症状の患者がやってくるので、鍼灸師として学べることは多いです。

ただ、患者を診断して施術することはできないので、身体の不調の原因を自分で突き止めるのは治療院などで勉強する必要があります。

独立開業という選択肢もある

鍼灸師には開業権があるので、自分で鍼灸院を開業することができます。

あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていれば鍼灸マッサージ院などにもすることができます。

ただ、都内などでは鍼灸院や整骨院などが乱立状態になっています。

競争率も非常に上がっており、顧客を獲得できない状況になっています。

中にはせっかく開業したのに経営がままならず、廃業してしまうこともあります。

自分の家で開業すれば廃業のリスクは減らすことができますが、稼ぐというよりは生活することにいっぱいっぱいになってしまう場合があります。

以前は鍼灸師は開業してなんぼと言われていましたが、現状ではそう簡単にいかない状況です。

鍼灸師とは鍼と灸のスペシャリストのこと

鍼灸師は患者の身体の不調を鍼や灸で治療する仕事です。

鍼師と灸師2つの国家資格が必要で、最低でも3年は勉強しなければならないので、なるのは少々大変ですが、人のためになるとてもやりがいのある仕事です。

治療院以外にも介護施設や整形外科、最近ではエステサロンなど自分次第でいろんな選択肢を選ぶことができますよ。

関連する他の記事

アメリカで柔道整復師は働くことはできる?海外での転職事情とは?
柔道整復師は日本では国家資格が必要な専門職でありますが、アメリカなど海外で働くことはできるのでしょ…
柔道整復師に特化した転職サイトの種類とおすすめの活用方法を徹底解説!
転職サイトには2つの種類がありそれぞれに特徴があります。この特徴をしっかり理解すれば転職が非常にス…
鍼灸師になるためにはどうすればいい?
鍼灸師になるために必要な資格とは何でしょうか?資格を取るためにはどうすれば良いかについてまとめてみ…
鍼灸師の求人傾向は?おすすめの転職サイト3選!
鍼灸師は整骨院や鍼灸院、病院などで働くことが一般的ですが、現在美容業界でも活躍しています。今回は鍼…
ページ上部に戻る