TOP > あん摩マッサージ指圧師の転職情報 > あん摩マッサージ指圧師になるために必要な国家試験ってどんなもの?

あん摩マッサージ指圧師になるために必要な国家試験ってどんなもの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マッサージをしている男性の手

皆さん、疲れた時、足ひねった時などマッサージや整体というところに行きますよね。

マッサージや整骨と言ってもそれにはいろんな種類があります。

マッサージにはリラクゼーションを目的としたものから鍼灸やあん摩マッサージ、整骨院や整体だってあります。

そんな数多くある中から今回はあん摩マッサージ指圧師について紹介していきます。

あん摩マッサージ指圧師とは?

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容とは何でしょう?

主に患者さんの肩こりや頭痛といった症状をあん摩・マッサージ・指圧によって軽減、解消することです。

リラクゼーションではないのでますは、なぜその症状になったのかなど問診してから治療を行います。

このようなあん摩・マッサージ・指圧を受けることの出来る施設は治療院、病院、介護施設などがあります。

その医療目的で行われる他にスポーツ分野や、美容系、企業の中にちょっとした施設があることもあります。

このようにあん摩マッサージ指圧師は幅広く我々の生活に関わっているお仕事です。

では、このあん摩マッサージ指圧師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

2017.07.31
あん摩マッサージ指圧師は治療院や整骨院、最近では美容やリラクゼーション業界でも活躍するようになりました。今回はあん摩マッサージ指圧師の求人傾向とおすすめの求人サイトについて解説していきます。

あん摩マッサージ指圧師という資格と国家試験

あん摩マッサージ指圧師になるためには国家試験に合格し資格をとることが必要です。

また、その国家試験を受けるためにはその養成課程がある大学もしくは専門学校で3年から4年学ばなければなりません。

盲学校の場合は3年から6年通う必要がありますが、配慮がなされているので中学卒業あとから受験することができます。

この学校は通信制の学校はなく専門学校か大学に通学して勉強しなければなりません。

あん摩マッサージ指圧師の学校に通うとその資格はもちろん、鍼灸、鍼灸師の資格を同時取得することが出来る学校もあるので取得しておくと非常に便利です。

あん摩マッサージ指圧師の専門学校の数は全国で20箇所ほどしか無く、他の機関に比べ少ないです。

国家試験はどういうもの?

専門学校ないしは大学で技能・知識を身に着けたあとはいよいよ国家試験を受けに行きます。

試験は2月上旬に行われ試験内容は筆記試験のみで実技試験はありません。

解剖学や生理学など12科目で、150点満点中90点以上が合格です。

会場は東京、大阪の他に宮城、愛知、香川、鹿児島と6箇所しか無くかなり少ないです。(視覚障害を持つ方はほとんどの都道府県で受験が可能です)

合格点が上に書いたように90/150点ということもあり、平成26年度では1800人ほどが受けて86%の人が合格しています。

ここ10年を見ても85%以上が毎年合格しています。

一見簡単な試験のように感じます。

しかし、これは簡単というよりも学校でしっかり勉強しているから受験者のレベルが高いからです。

というのも、学校のテストに合格しなければこの試験を受けられず、その結果、多くが受かっているという統計結果が出るわけです。もし不合格だと来年受け直しになります。

きちんと勉強して試験に臨みましょう。

ちなみにですが、試験科目が重なることもあって同時に「鍼師」「きゅう師」の資格をとることも可能です。

3つすべてとっておくと「三療師」とよばれ就職にも有利に働くので取得できるなら取得しておいたほうがいいでしょう。

国家試験より学校に入れない?

あん摩マッサージ指圧師は国家試験に合格することよりも、専門学校に入学するほうが倍率も高くて入るのが難しい傾向があります。

そもそも、専門学校が全国に20箇所ほどしか無く人数も多く取らないことから自然と倍率が高くなってしまうということが起きています。

しかも最近の不況でずっと働くことが出来る環境、東洋医学ブームというのもあって人気が高まっています。

鍼灸の資格をとる学校は多くあるのに、なぜこんなにあん摩マッサージ差圧の資格を取れる学校が少ないのが現状です。

背景としてはもともと視覚障害者のための仕事だったということもあって資格者が必要以上に増えすぎないようにコントロールしているということが考えられるでしょう。

先ほど書いたように専門学校できちんと勉強すれば資格をとることは難しくありません。

むしろ専門学校に入る努力の方が重要になってくるのかもしれませんね。

資格取得後は?

国家試験を無事にパスし、あん摩マッサージ指圧師の資格をとった後は就職活動です。

就職先としては個人経営の治療院が最もオーソドックスなようです。

しかし、その他にも病院やマッサージ店、スポーツクラブなど様々なところがあります。

最近では福祉分野での募集も増えてきており、今後注目です。

そして、就職して2,3年修行を積んだあとは自立して自分の治療院を持つことが多いです。独立に向けて経験を積んでいきましょう!

あん摩マッサージ指圧師の将来性

あん摩マッサージ指圧師は叩くことが出来るフィールドが広いように思います。

しかも、最近では福祉分野への進出も顕著で今後期待できそうです。更に少子高齢化社会に向け、リハビリステーションや介護の場でも活躍することが出来るというのはかなりの強みとなります。

また、この資格を持っているとケアマネージャーの試験が一部免除されるという面もあります。

国家試験を合格してあん摩マッサージ指圧師になろう

あん摩マッサージ指圧師の国家試験は合格率の高さから難易度が低いと思われがちですが、試験を受けるためには学校の試験を合格する必要があるので簡単なわけではありません。

また、専門学校自体が少ないのでそもそも学校に入学することが難しいので、あん摩マッサージ指圧師になるための幅広い勉強をしておいたほうがいいでしょう。

関連する他の記事

鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師の違いは?両方取得したほうが便利?
鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師はそれぞれ国家資格が必要な治療家ですが、施術できる内容などに大きな違…
あん摩マッサージ指圧師の給料はどれくらい?技術を身につけて年収UP!
あん摩マッサージ指圧師の転職でやっぱり気になる給料。平均年収はどれくらいなのか、どうすれば給料が上…
あん摩マッサージ指圧師からなれるケアマネージャーとは?
あん摩マッサージ指圧師など福祉系の国家資格を持ち5年以上の介護職の実務経験があるとケアマネージャー…
女性あん摩マッサージ指圧師に人気のアロマセラピストになるためには?
女性あん摩マッサージ指圧師の転職先としてアロマセラピストは非常に人気です。女性ならではの仕事ですし…
ページ上部に戻る